ぐら姐のよくばりイタリア

イタリアにはまってかれこれ25年。イタリア人て面白い、から始まって、イタリアは美味しい、イタリアは美しい、イタリアの田舎が素敵、イタリア美術や建築も面白い…とずぶずぶ深みにはまっている私「ぐら姐」のイタリアなんでもありのブログです。

多いときは年に4回、少ないときでも年に2回、この20数年通い続けたイタリアのあれこれを綴っています。

’15年9月のの美しい村巡りのときに行きました。
広場とも言えないような小さな広場で車を止めて、
フランコも一緒に歩いてくれました。

山間の村で、車道はあっという間に村を通り抜けます。
その車道の上下の斜面に住宅が張り付いているのでした。
車の入れない斜面の細い道を上って行きました。

私がこれまで見てきた「美しい村々」の中では、
ここがいちばん、これから美しくなるのだろうなあ、という感じです。
ぎりぎりラインで「美しい村々」に登録が叶って、
その名に相応しいように、今あちこちで修復を進めているような印象でした。
その後9年経っているので、今はもっと整えられているかも知れません。

このワンコ、家の前から助走をつけて前足でドアを叩き、開けて!とノックをしているところです。
何度も何度も。

なかなか家の主はドアを開けてくれません。
見かねたフランコが家のブザーを押すとこの家のシニョーラが出てきました。

フランコが、何度もノックしてたから僕が手伝ってあげたんだよと言うと、
シニョーラは、全くねえ、この子はうちの子じゃないのよ、ですって。
このワンコ、シニョーラにえさをもらうと、どこかに行ってしまったのでした。

この辺りは、ちょっといい雰囲気でした。












美しい村巡りの時に行きました。
これも’13年の時と’15年の時と2度です。

とても小さなまちで、入るとすぐの教会と噴水

家々の番地が、焼き物で作られているのがとても素敵でした。









まちの入り口のところには、



2度目の時に遅い昼時に着いたら、食事をできる店がもう閉まっていて、バールでお腹を満たしました。

この時は、パチェントロが最後で、ここに着いたところでフランコと別れたので
(この時は、ここは回るコースに入れていなかったのに、無理にお願いして連れてきてもらって帰りはバスで帰ることにしていたのです)
でもバスの時間までは数時間あって、とてもいい天気だったので、スルモーナのまちまで10㎞歩くことにしました。
その写真もついでに載せます。










'13年夏、私が最初に出発してその翌日にペコさん、その5日後にイプさんが飛んできて3人揃ったらシチリアに向かうことになっていました。
私は1泊だけカンポバッソに行ってローマに戻り、ペコさんと2人でスルモーナ、その後テルモリを訪れてローマに戻ったのでした。

スルモーナを選んだのは、「イタリア好き」という小冊子でこのまちのお店が美味しそうで感じがよさそうだったから。
2泊してからテルモリに向かうことにしたのです。

それだけの理由で行ったのに、午後到着して宿に向かう途中で中世の衣装の行列に出くわしたのです。
しかも行列を見ようと待機している人たちの前を荷物を引きながら歩いているときに少し先のところからパレードが始まって動けなくなったので、絶妙な場所で見学することができて。



こんな感じの行列の写真をアスコリ・ピチェーノのジョストラを見に行った時に載せたので、祭りの写真はこのぐらいにしておきます。

そしてお宿が思いのほか素敵で、朝食は屋上でいただけるのでした。
しかも超充実の内容で。







まちの様子



ドゥオーモ

このまちは、第二次世界大戦で壊滅的に破壊され、まちの人々ができるだけ元通りの町並みを、と再建したのだそうです。
ですから古いものはあまり見られません。

コンフェッティ(砂糖でコーティングしたアーモンドのお菓子)がまちの名産品です。
コンフェッティは白いのですが、カラーセロファンでぴったり包んでお花などにまとめてお土産屋さんで売られていました。













コンフェッティの工場見学もしました。





目当ての店には’13年の時も’15年の時も行きました。









お料理の写真ももっとあるのですが、このぐらいにしておきます。
ここは見どころがあるわけではありませんが、居心地のよいまちでした。

↑このページのトップヘ