ヴィエステ4日目は、トレミティ諸島に出かけました。

朝食は、例のパン屋のフリゼッレ。
フリゼッレは、ドーナツ型のパンを焼いてから、二つに切り開き、
それをかりっと二度焼きした日保ちのするパンです。
水に浸して、好きな具を載せて食べます。
私たちは、トマトを刻んでオイルなどで和え、
ブルスケッタのようにして食べました。
船は思ったよりも大きなものでした。
ヴィエステからの乗客は、半分もいませんが、
ペスキチに寄って、そこでも乗せてから島へと向かうのです。
この日は、風が強く、波もけっこう高かったので、
ペスキチに着く前に船酔いする人続出でした。

特に私たちの後ろにいたカップルの女性が、けっこう早い段階から船酔いし、
その後、突然意識を失って倒れました。
男性の方が、助けて欲しいと声を上げたので、
船のスタッフが駆けつけ、すぐに彼女を床に横たえさせたり、
足を高くしたり、水を持ってきたり、
デッキにいた看護士さん(ちゃんとスタッフとして乗っていました!)が来たりして。
どうやら脳貧血だったようです。

4、5分後でしょうか、彼女が目を開け、水を飲めるようになり、
とりあえずは、起き上がれるようになりましたが、
そのカップルは、ペスキチで下船しました。

ペスキチからは、けっこうな人数が乗ってきました。
止まっている間にペスキチを眺めましたが、
ポジターノのように、どんどん山になっていて、
斜面に張り付いているまちのようでした。(写真は、復路で撮ったものです)
多分、まちとしては、ヴィエステの方が素敵そうで、
選択に間違いがなかったと確信しました。

船は、トレミティ諸島のサン・ドミノ島に着くのですが、
それまでの1時間40分ほどに、かなりな人が船酔いし、
船のスタッフは、袋を配ったり、吐瀉物の処理をしたりと大忙しでした。
私たち3人は誰も酔わなかったのが幸いでした。
(我ながら、強い体質をもったものだと、親に感謝しました。)

サン・ドミノ島に着くと、すぐに小さな船に乗り換えて、島巡りに出発。
サン・ニコラ島
こんな小さな洞窟に入るのかと驚きましたが、
ちゃんと入るのですねー。
助手の青年(少年と言った方がいぐらい?)が、
船がふらつかないように、天井(岩)に手をついて、支えていました。
本日は、ここまで。
また次回。