今回のボローニャ滞在では、3つのホテルを利用しました。

最初の4泊は、2人でのんびり観光だったので
駅から離れ、チェントロには歩いて15分ぐらいの、静かなエリアにある近代的なホテル。
ツイン1室1泊72€

次は、全行程でわずか4泊しかできない2人の友人も加わり、
1日はフィレンツェ日帰りし、最終日は駅から空港行きのバスに乗ることもあり、
駅から一番近いホテルを選びました。
ツイン1室1泊108€

最後は、私一人で3泊。
マッジョーレ広場まで歩いて3分ぐらいの、街歩きに便利で
宿のテラスからの眺めがよいというホテル。
シングル1室1泊64€

どのホテルも、そろぞれの目的に合っていてよい選択ができたと思いますが、
最初のホテルの居心地は抜群でした。
部屋もバスルームもゆったり広く、
バスタブ付きで(私はなくても構わない派なのですけど)
ちゃんとハンドシャワーだったし、お湯の出もよかったし、
洗面スペースも広くて、物を置いたり洗濯をするのに便利でした。
レセプションや朝食のときの給仕スタッフは皆フレンドリーなのがまたいい感じ。

今写真を見てみると、いつもは結構部屋写真を撮っているのに、
今回は最後のお宿ぐらいしか撮ってきていないことに気が付きました。
でも朝食のところだけ撮っていたので、今日はその写真を載せます。

ここが朝食サロン。
窓の外には庭の大きなプラタナスの木が見えます。
食べ物は、おしゃれにゆったりと並べられています。
上の写真の右端にあるのは、クレープです。
これにベーコンや卵を巻いたり、
生ハムやチーズを巻いたりして食べるのがとても美味しかったです。
この写真からは分からないと思いますが、丸ごとフルーツが盛られている向こうに、
フレッシュフルーツのマチェドニア(カットフルーツのミックス)があります。
とても美味しくて、毎朝これとヨーグルトいただいていました。
フルーツや野菜のジュースも4種。水みたいな薄いのは一つも無しです。

今回の旅行では、素敵な朝ご飯のお宿が、ここともう1つ。
以前に比べて、充実のラインナップのところが多くなりましたが、
それでもたいていはハム・サラミ類、食事パン、甘パン、焼き菓子、ヨーグルト、フルーツ、
フルーツジュースそしてカッフェその他の飲み物ぐらいです。
もう少しグレードが上がると、卵やベーコンも加わり、
フルーツ類が充実したり野菜が加わったりするぐらいでしょうか。
たまに、朝からスプマンテが置いてあることも。

この宿の個性としては、クレープが際立ちました。
そしてフレッシュフルーツのマチェドニアが毎日本当に美味しかったこと。
さらにミニトマトもたくさんあって、これも毎日食べていました。

3泊以上ゆったり滞在するなら、このホテルはまた利用したいと思います。
街まで歩いて行く通り沿いの店も面白い店がたくさんあって、
ここに泊まらなかったら、けっしてそれらの店で買い物をすることもなかったでしょう。
宿代と併せて考えると、かなーりお得感がありました。

朝食サロンのドアに付いていたクリスマス飾り。
シックでお洒落ですね。