この日に日本から飛んできた後発隊の2人とボローニャで合流して
すぐにリミニへ向かいました。

ボローニャのホテルをを出る頃に、この旅行初の雨が降り出したのですが、
列車で移動している間にザーザー降りになり、
リミニの駅からホテルまでは、傘を差しての移動でした。
ホテルは駅から近いところにして、大正解!

余談になりますが、今回の旅行で、ここのホテルだけ、
キャンセル不可の安い料金が出ていたので(4ツ星でツイン1室88€→66€)
すぐ予約し、事前決済しました。
’12年秋のレートでほぼ6,600円。
年末に円安になったので、現地決済していたら7,700円以上だったでしょう。
ラッキーでした。

そしてこのホテル、いろんな意味ですっごくよかったので、
そのことについては、後で書きます。

他のお宿はもう少し高かったので、全部事前決済していればよかった!
と思ってもそれは実際に計画通りの旅程で、
計画通りのメンバーで行かれたから。
誰かが行かれなくなるとか、いろいろリスクがあるため
極力現地決済にしているので仕方ないことと諦めています。

リミニには、郊外のお家にホームステイと言う形で、
1週間ほど滞在したことがあります。
それは仕事がらみだったこともあり、
それから私の興味関心が浅かったこと、
ネット接続なんて考えられなかった時代なのに
乗車時にガイドブックを線路に落としてきてしまったこともあって
リミニの街はただ散歩しただけでした。
(それでも素顔のリミニを見られて楽しかったけど。)

今回リミニに行くことにしたのは、
晴れたら、サン・マリーノに行ってみたいと考えたからです。
(以前のリミニ滞在時に雨の中出かけて楽しめなかった)
降ったらちょっと観光して、すぐにラヴェンナに行っちゃえ、と。

チェックインして、早速夕方の街に出ました。
雨は、だいぶ小降りになっていました。よかった!
まずは、見たいと思っていたマラテスタ寺院へ。
ここには、ピエロ・デッラ・フランチェスカの作品があるのです。
「シジスモンド・マラテスタと守護聖人」
相当に傷んでいますが、これでも上層だけ剥がして、
ボローニャで'43年から修復を始め、
'51年にここに戻ってきたのだそうです。