なぜかまちの中の写真がありません。
なんと28年も前の’95年夏に行ったのですが、
アルプスをスイス側、イタリア側から眺め、歩く、というのその旅のテーマでした。

パート1:
スイスを東から西に移動して
サンモリッツに泊まってベルニナ鉄道に乗り、トレッキングを楽しみ、
ツェルマットに泊まってマッターホルンを眺めながらのトレッキングを楽しみ

それからフランスに抜けて

パート2:
エクサンプロヴァンスに泊まってプロヴァンスの村々を巡るバスツアーに参加、
ニースに移動してまち散歩を楽しみ、シャガール美術館を見学、マルセイユにも寄って
イタリアに移動

パート3:コルティーナ・ダンペッツォに滞在して山歩きを楽しむ

という旅でした。
スイスアルプスとイタリアアルプスを眺めながらのトレッキングが主目的で、
フランスはおまけ。

で、コルティーナからバスでトレッキングコースのスタート地点(レストハウスのようなものがありました)まで行って、
トゥレ・チーメの周辺を歩いた写真だけはあります。
その写真を少し。
(ネガフィルムをデータ化したので、色あせて、ピンも甘いのですがご容赦を)
朝はまあまあの天気で、トゥレ・チーメ(3つのピーク)がはっきりと見えていました。
ぐるりと周りを歩くコースの途中で、
持参のバーナーとコッフェルでインスタントラーメンを作って食べ、
お湯を沸かしてコーヒーを淹れて飲みました。
山で食べると、インスタントラーメンでもとても美味しいのです。
そして後半のルートを歩いているうちに雨が降ってきました。
大雨ではなかったので、レインハットとカッパで大丈夫でしたが、
スタート地点に戻ると、バスでやってきてレストハウスからトゥレ・チーメを眺めるだけのツアーの人たちがやってきました。
その時は、もうトゥレ・チーメは雲の中で全く見えなくて、
ツアーに参加の方と話したのですが、とても残念がっていました。
山は、やはり朝がいいのです。

さて、コルティーナの宿ですが、夏は予約必須と聞いていたので
(当時は予約もせず全くフリーで行き当たりばったりの旅をしていました)
イタリア政府観光局で宿のリストをコピーしてもらって、
片っ端から予約のファクスを入れたのですが、
3ツ星以下の宿はこの時期の宿泊は1週間単位でしか受けていないと断られました。
酷いところは、返信もくれませんでした。
4ツ星のホテルだと3連泊で受け入れてくれました。
残念ながら宿の写真もまちの写真もないのですが…