ここも、アンヴェルサ・デッリ・アブルッツィと同様「イタリアの最も美しい村々」巡り1日遠足で訪れました。
実は、アブルッツォの村巡りは2度行っています。
初回が’13年夏にペコさんと、’15年の9月はなおさんと。
’13年の時は宿の主が来るまで案内してくれるフランコを紹介してくれて、’15年の時もフランコにお願いしました。
(同じ宿に泊まりたかったけれど満室だったので、宿は別のことろでした)

2度目の時の方が、ちょっとわがままを言ってあちこちに寄ってもらいました。
ヴィッラ・ラーゴの集落の手前にあるダム湖にも寄ってもらいました。

サジッタリオ(射手・射手座)という名前の川にあるサン・ドメニコ湖です。
天気が良いので、湖の景色もきれいです。
下りて少し歩きました。

この橋の右側にある湖のその先にダムの堰があります。

湖の名になっているサン・ドメニコと関係があるのでしょう、こんなものが。

少し黄葉していました。



教会がありました。多分、名前はサン・ドメニコ教会でしょう。
入り口付近にサン・ドメニコの奇跡の物語の絵が描かれていました。



お天気が良くて気持ちの良い水辺でした。

ヴィッラ・ラーゴの集落のことはまた次回。