’15年9月のの美しい村巡りのときに行きました。
広場とも言えないような小さな広場で車を止めて、
フランコも一緒に歩いてくれました。

山間の村で、車道はあっという間に村を通り抜けます。
その車道の上下の斜面に住宅が張り付いているのでした。
車の入れない斜面の細い道を上って行きました。

私がこれまで見てきた「美しい村々」の中では、
ここがいちばん、これから美しくなるのだろうなあ、という感じです。
ぎりぎりラインで「美しい村々」に登録が叶って、
その名に相応しいように、今あちこちで修復を進めているような印象でした。
その後9年経っているので、今はもっと整えられているかも知れません。

このワンコ、家の前から助走をつけて前足でドアを叩き、開けて!とノックをしているところです。
何度も何度も。

なかなか家の主はドアを開けてくれません。
見かねたフランコが家のブザーを押すとこの家のシニョーラが出てきました。

フランコが、何度もノックしてたから僕が手伝ってあげたんだよと言うと、
シニョーラは、全くねえ、この子はうちの子じゃないのよ、ですって。
このワンコ、シニョーラにえさをもらうと、どこかに行ってしまったのでした。

この辺りは、ちょっといい雰囲気でした。