カステルブオーノ、朝散歩の続きです。(長いですね)

DSC00227

トトの学校として映画に登場したカステッロの朝の顔。

DSC00229

やっぱり、夜見るよりもあの映画のシーンが思い起こされ、
エンニオ・モリコーネの音楽が流れ。

 

ロケ地に立たなくても、いい映画はいいものだと思い。
でもロケ地に立つとまたあの名シーンが思い起こされて感慨深く。
階段を駆け上がりたくなりました。

DSC00232

さて、もう少し奥の方にも行ってみることに。
ちょうど学校の登校時間らしく、親子連れの姿が見られたのです。
タイミングよく黄色いチンクエチェントが走って行きました。

DSC00234

白いチンクエチェントも止まっています。
(この後も見かけたのだけど、このまちにはこの車がとっても似合いますね!)

DSC00240

奥に、イタリアにしては珍しいぐらい、日本人の私が学校らしいと感じる学校がありました。

DSC00253
DSC00246

ちゃんと校門もあるし、建物も「校舎」という雰囲気があるし。
子どもたちの登校風景が可愛くて、上からしばらく眺めていました。
子どもを門の中に入れると、ママ友たちがしばしおしゃべり。

DSC00259

スクーターでやってきて、
ああ、遅刻しちゃう、早く早く!と言いながら先に階段を下りるマンマの後を、
まだヘルメットをかぶったままのお嬢ちゃんが追いかけて下って行きました。

DSC00261

ここはカステッロの裏側になっています。

DSC00251

さて、そろそろお宿に戻りましょう。
部屋の前には朝食が届いていることでしょうし。

DSC00264

門を出て、ドゥオーモ広場方向へ。

DSC00271

ベランダから、ワンワン吠えるワンちゃん。

DSC00282

外に連れ出して~~と言っているようでした。

DSC00283

店の横に置いてあるこれは、オイルか何かを搾る古い道具でしょうか。

DSC00285

2階にずいぶん大きな植物を置いている家。

DSC00286

すぐ近くから見上げたドゥオーモの鐘楼。

DSC00288

フィアスコナーロのお店を覘いてみました。
薄いパリパリのおせんべいのような、甘くもなさそうなこれは、
どんな時に食べるのかしら。

DSC00300

ホールのトルタも美味しそう!

DSC00313

二人で相談して、ホールでも軽やかな感じだから、2人で半分ずつはいけるね、
と、別のチョコレートのトルタを購入。
包んでもらっている間にケースの中のお菓子を撮りました。

DSC00307
DSC00308
DSC00309
DSC00301

ナッツ類の砂糖がらめがあったので、3種類を50gずつ購入。

DSC00304

この先の旅のおやつとしてとても良かったです。(カッフェにぴったり)
ここのパネットーネは、イタリア人宇宙飛行士と共に宇宙に運ばれたと聞きました。
その宇宙飛行士の写真が飾ってありました。

DSC00312

向かいのパネットーネショップの方では試食が始まっていました。

DSC00315
DSC00317
DSC00318

3種類ぐらい試食させてくれました。
こちらにも宇宙飛行士。

DSC00319

でも、買うのは後にするわね、と言ってとりあえずお宿に。
DSC00314
DSC00321
八百屋にもそそられつつ。

DSC00323

お宿に戻ると、部屋の前のワゴンに朝食が置かれていました。

DSC00324
DSC00325

フィアスコナーロでコルネットと試食のパネットーネを食べたので、
ほんの少しだけ食べて、後はお腹が空いた時ようにキープしました。