ポテンツァに泊まった翌日は、メルフィーへの移動です。
メルフィーまでは、1時間30分ほどで着くし、
メルフィーには2泊で、
この日は午後3時から1つ教会を見せてもらう約束をしているだけなので、
昼の列車で行くことにして、明るい時間帯のポテンツァも散歩することに。

昨日とは、逆の方向に行ってみました。
バジリカータ州は、マテーラ県とポテンツァ県の2つに分けられ、
これはポテンツァ県の建物です。(県庁のようなもの?)
この広場に面してテアトロもありました。
修復中ですね。
お宿でもらった地図に見どころが出ていたので、それらを訪ねてみることに。
ここは、ルネッタが新しく、入ってみると中も結構新しくて私の好きな雰囲気ではないので写真は撮りませんでした。
その次にあったのはサン・ミケーレ教会。
ここはちょっといい感じ。
さすがステンドグラスは、サン・ミケーレ。
こちらにはサン・ミケーレの像。
こちらは聖母子。
この時期ならではのプレゼーペ。
外に出ました。
3つ目は、サン・フランチェスコ教会。
ご覧の通り3つの中では一番小さな教会なのですが、一番素敵でした。
13世紀の創建だそうです。
それほど古いものではないでしょうが、入り口の扉の彫刻がいい感じ。
中に入りました。
もう少しまち散歩の写真がありますが、それはまた次回。