タオルミーナのホテルの写真の続きです。
朝食のサロンの窓の鉄の飾り。
窓辺の飾り。
朝食のサロンの手前に、広いくつろぎスペースがあり、
その壁側(この写真を撮っている私の背後)に朝食のあれこれが並べられています。
部屋に戻ります。
突き当りの窓からも、エトナが見えます。
私たちの部屋は、朝食のサロンから階段を1つ上の階に上り、
突き当りから2つ目の部屋。
部屋で歯磨きをし、出かける準備をしていたら、廊下から何やら楽器の音が聞こえてきました。
どんどん近づいて来るので、ドアを開けたらこんな感じで部屋の前で演奏してくれました。
素敵!
バグパイプのような音です。
調べてみたら、これはイタリアのバグパイプ、
Zampogna(ザンポーニャ)という名前の楽器のようです。
羊の皮をまるごと使ってある大きな風袋が特徴。
http://saisaibatake.ame-zaiku.com/musical_instrument/gakki_jiten_zampogna.html
低めの音が直接お腹に響いてくるような、
それでいて耳に優しい懐かしい感じの音でした。

その時は、お宿の年末年始のサービスだと思い込んでいたのだけど、
本当はどうだったのでしょうか。
その時は嬉しくて嬉しくて写真や動画を撮ったのですが、
チップを渡すべきだったのかしら、と後から考えてしまいました。

もうすぐAさん夫妻が車で迎えに来てくれるので、玄関に行きます。
可愛らしいレセプションの写真も撮りました。
迎えの車が到着したので、4人で今日の目的地に向かいました。