ピオッツォからトリノに戻ってきたのが、3時半ぐらいでした。
ペコさん夫妻は、トリノで待ち合わせた時のホテルに泊まるので、
まずここで二人が荷物を下ろして、チェックイン。
彼らが預けて行った荷物の中に入れていた私の荷物を受け取りました。

ペコさん夫妻が荷物を部屋に入れて出てくるのを待つ間、
イプさんリトルさんは、車の中に待機、
私は、一緒にホテルのレセプションへ。
実は、前回のチェックアウト時に
私ってば、デニムパンツをクローゼットに忘れて行ったのです。
有りませんでしたか?と訊いてみたら、
すぐに担当部署に連絡して、届けさせてくれました。
きちんと畳んで、きれいなビニール袋に入れて、
ホテルのマークの入りシールを貼って、まるで買った物のようです。
さすが5ツ星は違いますね。

ペコさん夫妻が出てきて、今度は私たち3人のお宿へ。
私が2回ほど泊まったことのあるポルタ・スーザ駅近くのアッパルタメントです。
ここで3人分の荷物を下ろして、私とイプさんとでチェックイン。
リトルさんは、ペコさん夫妻と3人で車を返しに行きました。

私とイプさんとで、リトルさんの荷物も運んで部屋へ。
それから、3人に合流すべくレンタカー屋さんまで歩きました。
レンタカー屋もポルタ・スーザなのです。

なんだかんだで4時半になっていたので、観光はせず、
市内交通の24時間券を買ってポルタ・ヌオーヴァのツーリスト・インフォへ行き、
翌日使うトリノ・カードを購入しました。
それから前回見つけた、ガッレリーアにあるちょっと高級感のあるco-opへ行って、
翌々日に帰国する私以外の人たちは土産食材を買い、
それからアッパルタメントに泊まる3人は夕飯の買い物もして
それぞれの宿に戻りました。

今回のお宿。
部屋のロフトから撮りました。
ロフトにダブルベッドがあって、
下のソファーが実はソファーベッドで、
3人でアミダ籤をやったら、キアーヴァリに続いて、
また私が、ソファーベッドを使用することになりました。

小ぶりのキッチンとダイニングテーブル。
広くはありませんが、必要なものはそろっています。

シャワーを浴び、食事を作って食べ、テレビを観て、寝ました。
なぜかこの日の食事写真は撮っていませんでした。
お昼が簡単なものだったので、お腹が空いてがっついたのでしょうか。(つづく)