ぐら姐のよくばりイタリア

イタリアにはまってかれこれ25年。イタリア人て面白い、から始まって、イタリアは美味しい、イタリアは美しい、イタリアの田舎が素敵、イタリア美術や建築も面白い…とずぶずぶ深みにはまっている私「ぐら姐」のイタリアなんでもありのブログです。

カテゴリ:ジャンル別 > 最も美しい村々

’15年9月のの美しい村巡りのときに行きました。
広場とも言えないような小さな広場で車を止めて、
フランコも一緒に歩いてくれました。

山間の村で、車道はあっという間に村を通り抜けます。
その車道の上下の斜面に住宅が張り付いているのでした。
車の入れない斜面の細い道を上って行きました。

私がこれまで見てきた「美しい村々」の中では、
ここがいちばん、これから美しくなるのだろうなあ、という感じです。
ぎりぎりラインで「美しい村々」に登録が叶って、
その名に相応しいように、今あちこちで修復を進めているような印象でした。
その後9年経っているので、今はもっと整えられているかも知れません。

このワンコ、家の前から助走をつけて前足でドアを叩き、開けて!とノックをしているところです。
何度も何度も。

なかなか家の主はドアを開けてくれません。
見かねたフランコが家のブザーを押すとこの家のシニョーラが出てきました。

フランコが、何度もノックしてたから僕が手伝ってあげたんだよと言うと、
シニョーラは、全くねえ、この子はうちの子じゃないのよ、ですって。
このワンコ、シニョーラにえさをもらうと、どこかに行ってしまったのでした。

この辺りは、ちょっといい雰囲気でした。












美しい村巡りの時に行きました。
これも’13年の時と’15年の時と2度です。

とても小さなまちで、入るとすぐの教会と噴水

家々の番地が、焼き物で作られているのがとても素敵でした。









まちの入り口のところには、



2度目の時に遅い昼時に着いたら、食事をできる店がもう閉まっていて、バールでお腹を満たしました。

この時は、パチェントロが最後で、ここに着いたところでフランコと別れたので
(この時は、ここは回るコースに入れていなかったのに、無理にお願いして連れてきてもらって帰りはバスで帰ることにしていたのです)
でもバスの時間までは数時間あって、とてもいい天気だったので、スルモーナのまちまで10㎞歩くことにしました。
その写真もついでに載せます。










やはりここも「イタリアの最も美しい村々」の1つ。
切妻屋根が一列に並ぶまち並みが独特の美しい集落です。
1900年代初頭、カート・ヒルシャーというポーランド人の写真家やマウリッツ・エッシャーというオランダ人画家の作品によって注目されるようになったそうです。

まちが見えてきたときに、おおーっと声を上げたら、フランコが降りて写真撮る?と停まってくれました。



それからまた車に乗ってまちの入り口まで行って降ろしてもらい、ペコさんと2人で足の向くままにまち歩き。



普通のまちっぽい感じから、独特な雰囲気のまち並みへと変わって行きます。



















ここからは、’15年に行った時のものです。

↑の写真の像は、この地方の特徴的な衣装の女性の像。

写真と解説がつけられていました。



ずっと歩いていても飽きない、泊まって夕方散歩や早朝散歩をしたくなるまちでした。

昨日の続き、集落の方の写真を載せます。
まちが斜面を上るように続いています。
フランコが、僕は先回りして上の方で待ってるよと言ってくれたのですが、
上まで連れて行ってもらって、まちを見ながら下って一番下のところで待ってもらった方が楽チンなので、ひとまず上のまち外れの方まで載せてもらって車を降りました。





長閑な、なんということもない田舎の小さな小さな集落。
歩いていると心がふんわりリラックスできる感じ。



はるか下にさっき見てきた湖が見えます。







だいぶ降りてきました。

教会が見えてきました。



中は、どうということもなく。

階段を下りて車に向かいます。

見上げてみました。

トイレ休憩を兼ねてバールに立ち寄りました。

もっと下の方には市が立っていました。



振り返ってみると、写真を撮りながら歩いてきたときよりまちが大きく見えました。

ここも、アンヴェルサ・デッリ・アブルッツィと同様「イタリアの最も美しい村々」巡り1日遠足で訪れました。
実は、アブルッツォの村巡りは2度行っています。
初回が’13年夏にペコさんと、’15年の9月はなおさんと。
’13年の時は宿の主が来るまで案内してくれるフランコを紹介してくれて、’15年の時もフランコにお願いしました。
(同じ宿に泊まりたかったけれど満室だったので、宿は別のことろでした)

2度目の時の方が、ちょっとわがままを言ってあちこちに寄ってもらいました。
ヴィッラ・ラーゴの集落の手前にあるダム湖にも寄ってもらいました。

サジッタリオ(射手・射手座)という名前の川にあるサン・ドメニコ湖です。
天気が良いので、湖の景色もきれいです。
下りて少し歩きました。

この橋の右側にある湖のその先にダムの堰があります。

湖の名になっているサン・ドメニコと関係があるのでしょう、こんなものが。

少し黄葉していました。



教会がありました。多分、名前はサン・ドメニコ教会でしょう。
入り口付近にサン・ドメニコの奇跡の物語の絵が描かれていました。



お天気が良くて気持ちの良い水辺でした。

ヴィッラ・ラーゴの集落のことはまた次回。

アブルッツォでこれまでに訪れたまちは、

1.アンヴェルサ・デッリ・アブルッツィ
2.ヴィッラ・ラーゴ
3.スカンノ
4.スルモーナ
5.パチェントロ
6.ブニャーラ
7.ペスカーラ
8.ペスココスタンツォ
9.モンテジルヴァーノ

です。
州都は、ラクイラなのですが、まだ訪れたことはありません。
行こうかなと思っていたタイミングで大きな地震がきて甚大な被害を受けたとのことで。
日本とイタリアって共通点がいくつもあると思うのですが、地震が多いのもその1つですね。
もう少しラクイラには行かない方がいいのかなと思っています。
ということで、州都の写真をちらりと載せようと思っても無いので、

1.アンヴェルサ・デッリ・アブルッツィを早速始めます。
’15年秋に弾丸でスルモーナに行った時に、1日車をお願いして近隣の「イタリアの最も美しい村々」に選ばれているところをいくつか巡ってもらった時に立ち寄りました。

これは、まちの中をぶらぶら歩いて見た後に次のまちに向かう時に全体が見えたので、車を止めてもらって撮ったものです。

まちに入ってじきに、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会があります。

中には入れませんでした。

道路沿いにぶらぶら歩きました。
ここには、フランコ(ドライバー)の友人がいて話し始めていたので、
私たち2人で、足の向くままに歩きました。



ベランダの老シニョーラ。隣の建物のベランダのシニョーラとお話していました。
通りがうるさくないので、大声で話さなくても会話が通じるのでした。
見上げたらこちらに微笑んでくださったので、ご挨拶をして。



この一角、イタリア映画祭で見た「これが私の人生設計」の最後の方で、主人公の女性設計士が、恋人を連れて故郷の山村に行き、母と伯母の用意した料理に舌鼓を打つ場面で出てきました。
スクリーンに出てきたときに、あっ、ここ知ってる!って思わず声を出しそうになりました。















車の道から路地に入り、ゆるゆると上り、別のろじをゆるゆると下って車に戻ります。



シニョーラが外の椅子に腰かけて編み物をしていました。
このシニョーラも、Buongiornoと挨拶をしてくれました。
写真を撮ってもいいですか、と訊いたら快く承知してくれました。

何を編んでいるのか訊いたら、ストールを編んでいるのよ、と見せてくれました。
お年寄りが、幸せに暮らしているようで、この村はいいところだと感じました。

歩いている間中、「イタリア 小さな村の物語」のテーマソングが頭の中でずっと響いていました。

「イタリアの最も美しい村々」の1つです。
’10年末に、papalinaさんと一緒に、彼女が運転してくれてヴェンティミッリアから車で北上し、小さな村々めぐりをしたときに訪れました。
先日リストアップしたリグーリアで訪れたほとんどのまちが海辺にあるのですが、この時の車で訪れた村々だけは山奥にあります。
いかにも、な感じでしょ。

村の入り口に「イタリアの美しい村々」の看板

村の中には車が立ち入れないので、車を駐車場に停めて歩き始めます。
村の入り口にある食品の店。

こんな何気ない村の風景に、
脳内で「イタリア 小さな村の物語」のテーマ曲L'appuntamentoが流れます。









ただただ足の向くまま気の向くままに歩きました。
美味しそうな店が気になります。





ブサカワ系の猫ちゃん。置物ではなく、ちゃんと生きている猫です。







広場に出ました。

まちの家々の古さから見ると新し過ぎる教会



時が止まったような佇まいのまちですが、人々の生活の息吹も感じられます。



13年近く経った今もこのまちは変わらずにそのままあるのでしょうね。
でも水場をのぞき込んでいる少女はきっと大人になっていますね。

帰り道、途中に見えたまちなど、車の中から撮ったり、停まってもらって撮ったりしました。
車をチャーターするとこれができるのが有難い。
とても小さな集落なのに、こんな教会が建っているところがありました。
ここは、イタリアで最初に作られた水力発電所だと言っていました。
最後にもう1つ水の出ているところで停車し、
ここの水は体にいい水なんだよ、と言うのでその場で飲み、
ペットボトルにも入れました。
スルモーナに近いところで、ロバを飼っている牧場を通りました。
たくさん走って、3つの村を巡り、
途中でも止まってもらったり、案内をしてもらったり。

後で調べてみたら、スルモーナ~ペスココスタンツォは、37.2㎞所要33分、
ペスココスタンツォ~スカンノは、63.8㎞所要1時間7分、
スカンノ~スルモーナは、31.5㎞所要40分。
それに加えて、近いとは言えパチェントロにも寄り道して。

これだけの移動を120€に値切ったのは申し訳なかったなと思ったけど、
翌日もまたお願いしているので、まあよしということにしましょう。

誠実で親切な運転手を紹介してもらえて、とても幸運で充実したエクスカーションとなったのでした。

スカンノのまち歩きの続きです。
壁にこんなプレートを見つけました。
廃村のようになりかかっていたスカンノの美しさを写真に収め、
世に知らしめた写真家達への感謝のプレートです。
お昼のパニーノは、私たちがフランコの分も払ったのですが、
フランコは、移動前にトイレ休憩を兼ねてバールに入り
私達にカッフェをご馳走してくれました。

スルモーナへの帰り道、途中何箇所かで停車。
それは、また次にアップします。

駐車スペースに空きがなくて、フランコはバス停に車を止め、
そこで待っていてくれることになりました。。
私達2人で好きなように歩いて回りました。
もう、どこを切り取っても絵になるまちです。
上の写真の右側は、4つの顔の泉です。1つずつアップで撮ってみました。
続きはまた明日アップしますね。

↑このページのトップヘ